宴会挨拶

宴会挨拶

宴会挨拶の順番

歓送迎会の幹事や司会の方が最も頭を悩ますのが、あいさつの順番だと思います。会場選びや参加者の出欠確認なども大変ですが、間違えると一番失礼に当たるのが挨拶の順番です。

送別される人と歓迎される人はどちらが先に挨拶をするものなのか、年長者や役職者と若手・平社員の挨拶の順番はどうなのかといった挨拶の疑問だけでなく、プレゼントや花束はどのタイミングで渡すのがいいか、会費の徴収や役職ごとの比重はどうすればよいかなど、疑問だらけでしょう。

そこで今回は、これらの疑問に答えていこうと思います。まず、一般的な流れでは、幹事や司会といった進行役の方から簡単な趣旨説明があるとおもいます。これはあいさつというほどでもなく、送別する人の長年の労をねぎらい、新しく入ってくる新任の方を暖かく歓迎するための会であるという程度のことを言っておけばいいと思います。そして、乾杯の挨拶に続いていきます。司会や幹事からバトンタッチをするわけですが、乾杯の挨拶は残る人の中で一番偉い人が務めます。課長が転勤になる部内の歓送迎会であれば部長が、部長が異動になる部の歓送迎会では部長代理という具合になります。

その後はしばしの歓談の後に送別される人あいさつ、歓迎される人の挨拶と続いていきます。送られる人、迎えられる人が複数人いる場合は、それぞれの中で役職・年齢の高い順にスピーチをしてもらいましょう。プレゼントであるとか花束などの贈り物や記念品がある場合は、その人の挨拶の前後に渡すといいでしょう。ホテルの会場みたいなところでも、居酒屋などであっても終了時間が決められている場合が多いので、幹事や司会役の人は十分気をつけましょう。最後に残る人の中で二番目に偉い人が歓送迎会の総括と最後の挨拶を述べて、終了になります。

乾杯の挨拶

忘年会での乾杯の挨拶例
「今日は皆さんお疲れさまでした。今年もあとわずかですが、今日の忘年会で英気を養って来年また楽しくやりましょう!乾杯!」

忘年会での乾杯の挨拶例
「今日はお疲れ様でした。皆さんのおかげで目標を達成することができました。今日はしっかり飲んで歌って楽しくやりましょう!乾杯!」

忘年会での乾杯の挨拶例
「今日はお疲れ様でした。今年は皆さんに頑張ってもらったんですが、残念ながら、実績としては今ひとつの結果に終わりそうな状況です。このままでは悔しいですから、来年は力を合わせて挽回していきましょう!それでは、、、乾杯!」

新年会での乾杯の挨拶例
「改めまして、新年おめでとうございます。今年もいろいろと課題は出てくると思いますが、みんなで力を合わせて頑張っていきましょう!乾杯!」

歓迎会での乾杯の挨拶例
「皆さん、お疲れさまです。今年も○○名の新人さんが入ってこられました。将来を担う人たちですので、みんなでしっかりサポートしてあげてください。新人さんたちもわからないことはドンドン聞いて一日も早く一人立ちできるよう頑張ってください。それでは、、、乾杯!」

送別会での乾杯の挨拶例
「皆さん、お疲れさまです。そして今期をもって異動される皆さん、いままでお疲れさまでした。新天地でもしっかり頑張ってください。またお会いすることもあるでしょうから、その時はひとつ、よろしく!それでは皆さんのますますのご活躍を祈念して、、、乾杯!」

締めの挨拶、中締めと本締め

「乾杯」で、盛り上がったパーティや宴会もスピーチ、余興などが終わり歓談も一段落過ぎてくるとなんとなく締りがなくなってしまいます。

その時に、一旦けじめをつけてパーティの印象を良くするための役割が「締め」のあいさつなのです。

「締め」には、「中締め」と「本締め」があり、その違いはパーティーや宴会の開催時間によって使い分けられています。

大人数による長時間のパーティーや宴会の場合は「中締め」とされ比較的少人数の短時間の場合は基本は「本締め」として使い分けられることが多いです。

どちらの「締め」も大切なのはタイミングの見極めになります。

予定されたパーティ時間に、余裕があっても雰囲気がだれてきているようであれば「締め」をすべきでしょうし、たとえ歓談が盛り上がっていても、会場の時間が迫っていれば都合上終わらなければならないのです。

「終わりよければ、すべて良し」といわれるゆえんがここにあり幹事さん、進行役さんや司会の方の腕の見せ所でもあるといえます。

中締めの挨拶の基本パターン

大人数による長時間のパーティーや宴会の場合の締めの挨拶は「中締め」とされますが、大勢の招待客を前にしての挨拶ですのである程度の基本パターンに沿って組み立てておくことが挨拶成功の秘訣です。

中締めの挨拶の基本パターン

  1. 中締めの挨拶の予告
  2. 自己紹介
  3. 参加や招待へのお礼の言葉(来賓か主催者側によって)
  4. パーティー・宴会に出席しての感想
  5. 締め方の説明と協力への要請
  6. 中締めの発声
  7. お礼の言葉

このパターンが一般的とされています。

宴会のきりあげ方

宴会も盛り上がってきて、相手も喜んできたところで、さて、どうやって切り上げるか悩みどころです。そのタイミングはなかなか難しいものでしょう。食事がすみ、いい感じでお酒もまわってきたところで、頃合いを見て、締めの挨拶をおこないましょう。

「本日は、誠にお忙しい中、ご参加いただきましてありがとうございました」と、感謝の気持ちを述べて、締めの挨拶を行うといいでしょう。

挨拶は、短めにしましょう。長いと相手も疲れてしまいます。相手の方にも、翌日の仕事に差し障りがないように、ご家族にも負担がないように、夜の11時頃には切り上げるのがベストだと思います。


HOME宴会芸1宴会芸2宴会芸3宴会ゲーム宴会マナー宴会挨拶サイトマップ